お客様の声

 

練馬区在住 佐藤さん(仮名)/76歳
独り暮らしで心細い病院生活を支えていただきました。脊柱管狭窄症の手術をするのに、独り暮らしで心細い上に、身元保証人もお願いできなくて困っていました。伴さんには身元保証会社の手配だけでなく、通院から入院中、そして退院後の生活まで支えてもらいました。おかげさまで手術も成功し、今は不自由なく生活できるようになりました。

 

 

● 忙しくて親の家にいけない
⇒ 代わりに動いてもらえて助かった


● 夫が亡くなり、葬儀の打合せに自信がない
⇒ とても心強かったわ!


● 妻が亡くなりお金のことがさっぱり分からない
⇒ 整理してもらえて安心した


● 相続手続はどうしたらよいのか
⇒ 代わりに動いてしてくれて助かった


● 不動産を売ることになった
⇒ 初めてのことで自分では到底できなかった


● 近くでいつでも見守ってくれる人が欲しい
⇒ 毎月の定期訪問はとても心強い。いつも楽しみに待っています


● 手術することになった。不安!
⇒ 一緒に乗り越えてもらえた


● 生活の家計のチェックや調整をしてほしい
⇒ 無駄使いが分かり節約できた


● 引っ越さないとならなくなった
⇒ 身体が動かないので助かった

対応事例

奥様亡き後の家計管理
柏市在住 65歳・男性・独身
家のことを全て任せていた奥様を3年前に亡くされ、家計管理ができず悩まれていた。
家計整理、相続手続きなどを行い家計改善。現在も引き続き、月1回の訪問アドバイス中。


高齢者住宅への引っ越し
藤沢市在住 76歳・男性・独身
親の代から続く借地の自宅兼店舗の立ち退きに伴い、跡継ぎもなく、身体の調子も良くないことから店を畳むことにサービス付き高齢者住宅を提案し、ご自宅の処分と転居を支援


田舎の荒地の整理
世田谷区在住 75歳・男性・独身
相続で引き継いだ房総の300㎡にも満たない全く使えない荒地。相続人は嫁いだ姉もしくはその息子達。価値ないその土地を手放したいとの要望を受け、地元に住む隣地所有者へ交渉し譲渡成立。


40年ぶり息子との再会支援
川崎市在住 83歳・女性・独居
マンションを売却し施設入所の支援を行った後、兼ねてより音信不通の息子を気にかけていた様子に、捜索を提案し再会を果たす。


相続手続きが不安
鴻巣市在住 75歳・女性
田舎の兄弟が亡くなり相続手続きをすることになったが、その手続きが分からず不安という依頼を受け、セカンドオピニオンを行う。